• Japan Academy of Consumer Education

    2004年度支部総会

    日時: 2004年9月25日(土)
    場所: 熊本市国際交流会館支部総会
    2004年度支部活動報告
    支部役員の改選について
    次期支部役員は以下の通り。
    支部長  谷村賢治
    理事   小川直樹
    評議員  赤星礼子
    評議員  花城梨枝子
    会計   川口惠子
    運営幹事 財津庸子
    2004年度支部会計報告報告支部共同研究プロジェクト別の討議の後に各プロジェクトから現状報告があった。
    プロジェクトA 報告:小川直樹
    プロジェクトB 報告:谷村賢治
    プロジェクトC 報告:川口惠子
    その他
    1) 開催地は交通等の便を考えると福岡が望ましいが、九州各地を回る案も一考に値する。
    2)開催は、総会(9月)の他に、発表申し込み締め切り直前の6月。その他に発表希望者の状況等をみて3月頃も考えられる。
    3)すでに九州支部としての出版集は2冊出ているが、「正式」に第3集を出したい。

    研究会

    (第1回)
    日時::2005年3月6日
    場所:筑紫女学園大学
    内容
    共同研究
    その他
    鈴木詔也会員による、退会に当たり、学会活動を振り返ってのご挨拶があった。

    (第2回)
    日時: 2005年6月18日
    場所: 筑紫女学園大学
    研究報告
    渦原実男
    「米国での消費市場環境の変化と小売業の対応」
    花城梨枝子
    「多重債務問題の発生要因」
    赤星礼子、原まさ代、海田朋子、船津桂江、宮瀬美津子、小川直樹、池田栄子、 塩塚南州男、渦原実男
    「消費者相談窓口にみる高齢者「福祉」  (仮題)」
    共同研究現状報告
    プロジェクトA:赤星礼子
    プロジェクトB:谷村賢治
    プロジェクトC:財津庸子